自動車を運転している時、「車を持ったままで即日融資可」などという宣伝ボードや張り紙が目に付くことも多いかもしれません。これらの広告は、車担保融資の広告であることが多いと思います。車担保融資という言葉は、知っていたとしても、実際にどういうキャッシングのされ方なのか割と分かっていない人も少なからずいるのではないでしょうか。車担保融資とは、それほど少数派のローン方法ともいえるかもしれません。車担保融資では、自動車を返済に行き詰った際の保険にすることで、車の現状の売値価格を出し、その査定範囲中でキャッシングを基本行っています。一般の中古車買い取り専門店での査定と同じく、古い車や事故車であったりする場合は、査定の見積もりが低くなってしまうことがありますので自動車を担保として融資を受ける時には覚えているといいと思います。車担保融資は、「車」という形があるのものを保険として抑える方法ですので、銀行などでローンができなくなった人でも即日、査定範囲内でのローンを行えるはずです。そのうえ、銀行や消費者金融でのキャッシングには色々な手続きや面倒な審査などがありますが、クルマという担保を利用して行うローンですから、そのようなものが必要ないってこともあるようです。この頃では、クルマを担保としてローンを受けても、車をそのまま利用することが出来る車を利用した担保融資も増えてきています。ところが、この方法のデメリットとしては、自動車の査定額に融資の額も振り回されますから、所有する車によって、自分自身が志願する上限額の融資を受けられないということも十分あるようです。クルマを返済ができなくなった際の保障にしますから、万一借りたお金の返済が出来ない際は、直ぐに自動車を手放さなければならないというのも、欠点となります。自動車が日常で欠かせないものである土地柄では、クルマを、返済ができなくなった際の保障とするキャッシングの手段は、かなりリスクがあるといえます。